ウィッグが絡まったとき

ウィッグが絡まったとき

ウィッグで悩みと言えば、やはり何と言っても絡まりでしょう。

 

憧れのロングを手に入れたのに、絡まりでどうしようもなくなって使えなくなってしまったとしたらかなりショックです。ウィッグに使われているのはほとんどが人工毛ですし、例え100%人毛であっても地毛のような生きている髪の毛ではありませんので、どうしても水分不足や水分過剰、静電気などで絡まりが起きやすくなってしまいます。

 

高品質でもこれは避けられないことですので、早い段階で絡まり解消するのが正解なのです。

 

まず最初に1点言えるのは、絶対に無理にほどかないことです。

 

焦るのはわかりますが、毛質が変質したり切れたりするので力任せはNGです。専用のブラシで丁寧に丁寧にブラッシングするのが一番早道ですので、焦らないで対処しましょう。

 

必ず用意して欲しいのは、専用のシリコンスプレーです。絡まったウィッグと、ブラッシングするブラシ側にスプレーしてください。リボンなど小物を使うのであればそれにもです。絡まりの外側から全体的にほぐすように髪の毛の引っかかりをゆるめていって、固く結ばってしまっている部分は指で丁寧にほどいてください。

 

元は1本1本独立していたものなのですから、時間をかければ必ず元の状態に戻せるはずです。諦めずに根気よくほどいてくださいね。ある程度ほどけたら、ぬるま湯に専用シャンプーを入れてしっかり洗ってください。

 

実は絡まりの原因は汚れであることがほとんどです。
必要なら二度洗いしてしっかりすすげば、元通りのキレイなウィッグに戻るでしょう。


このページの先頭へ戻る