医療用ウィッグについて

医療用ウィッグについて

ウィッグには、医療用のウィッグも存在します。その多くは、がんと闘う人がどうしても薬の影響で脱毛してしまう場合に、その外見上の悩みを解決するために開発されたものです。

 

比較的高価なものも多いのですが、自分の外見上の変化が精神的に大きな痛手を与えてしまうということは、人間なら誰にでもあることです。医療用ウィッグで少しでも気持ちが和らぐなら、是非積極的に活用してほしいものですね。

 

医療用ウィッグを入手する際に気を付けることを紹介しましょう。

 

脱毛は抗がん剤による治療を始めてから10日後から20日後に始まる場合が多く、1ヶ月半までの間にほとんどの髪の毛が抜け落ちることが統計的にわかっています。

 

そのため、医療用ウィッグを用意するのは抗がん剤治療を実際に始める前にしておくことが大切なポイントです。

 

治療を始める時と同じ髪型でフルウィッグを作っておくことも出来ますので、髪の毛が抜け始めても変わらない外見を保つことが出来ます。頭皮自体も傷んでしまうので頭皮ケアという観点からも保護になりますし、自分は大丈夫と思っていても、実際を目の当たりにすると予想もしていなかったショックを感じることも多いと言います。

 

苦痛や不安は軽減するに限ります。抗がん剤治療を終えれば、また髪の毛は生えて来ますので、それまでの間をつなぐものとして是非事前の準備をしておきましょう。上記のように自分に合わせて作るフルオーダーも可能ですし、セミオーダーや既成品などもあります。

 

人毛や人工毛、ミックス毛などがあるのはファッションのウィッグでも同じですね。


このページの先頭へ戻る