ウィッグ・フルウィッグが安い店

ウィッグ・フルウィッグとは

ウィッグは英語でかつらのことですが、日本で使われているウィッグに関してはちょっと違ったファッションアイテムになっているように思います。

 

フルウィッグという言葉もありますが、一般的にはフルウィッグのほうが基本で、部分的につけるものはヘアピースやポイントウィッグ、ハーフウィッグなどと呼ばれたり、地毛と一緒にアクセサリ的につける部分的なアクセントはエクステンションと呼ばれます。

 

エクステはいま日本でもすごく流行っているファッションですよね。

 

ウィッグはカバーする範囲が大きく、頭に被せて使うものといったイメージもありますが、全体的であれ部分的であれ、本来の意味ではすべてウィッグの仲間になります。

 

ウィッグの良さは何と言ってもその手軽さです。
一度使うと手放せなくなるという人もいるくらい、簡単になりたいヘアスタイルになれてしまうので、いまやメイクと並ぶおしゃれアイテムとなりつつあります。

 

髪の部分が人毛製のものや人工毛製のもの、人毛と人工毛のミックス製のものなどがあり、地毛を傷ませることなく自由なカラーを楽しめたり、1日だけのイベントとして使ったりすることが出来るのでおしゃれの自由度が上がります。

 

専門の美容院でつけてもらう必要のあるものもありますが、自分で簡単に付け外しが出来るものもたくさんありますので、抵抗感なく試せるのは嬉しいですよね。

 

休みの間に思い切りヘアスタイルを変えて楽しんでも、学校に行く時には普段の地毛に戻れるので学生にも便利です。

 

▼ウィッグが安い店はココ▼


ウィッグの使い方

ウィッグの使い方ですが、装着方法には大きく分けて3タイプあります。

 

比較的簡単で多く出回っているのはネットタイプと言われるもので、ウィッグの裏地がネットになっている帽子のようなもので、そのまま頭に被れるタイプです。

 

一番手軽であっという間にまったく違うヘアスタイルになれてしまうので楽しいファッションアイテムですが、激しく動くと全体的にズレたり、外れて落ちたりする場合もあるので、あまり運動には向きません。

 

また、地毛の量が多かったり、長さが長かったりすると中にうまく詰め込むときに苦労するかもしれませんね。ただ、装着の簡単さで言えばとにかくピカイチです。

 

次にピンタイプというものがありますが、これは留め金で固定するのでかなり動いてもズレないというのが一番のメリットです。ステージパフォーマンスなどでもよく使われますが、装着するのが大変なので手軽に付けたり外したりするのは難しいでしょう。

 

そして、ちょっと驚くかもしれませんが、ウィッグの中には専用の接着剤で頭皮に直接貼るタイプも存在します。これはあまりファッションアイテムとして使う人はいないと思いますが、激しく動いてもズレることはほとんどありません。でも皮膚へのダメージは考えなくてはいけませんね。

 

ウィッグは、地毛を傷めることなく簡単にファッションを楽しめるのが一番のメリットです。カラーリングやパーマは髪の毛のキューティクルを剥がして細胞を断裂する行為ですので、やらずに済むならやらないほうが良いのです。


ばれないウィッグについて

ウィッグはおしゃれアイテムとしてすっかり浸透しているものですので、あまり「ばれる、ばれない」では大きな問題にはならなくなりました。でもメイクも同じようなもので、パッチリ二重のメイクでも、できればばれないような自然な仕上がりを目指したいという気もちはわかりますよね。

 

かわいくておしゃれなファッションだからこそ尚更のこと、舞台裏はあまり見せたくはないもの。
そんな心理に応えてくれるメーカーも、たくさん増えてきています。

 

まずウィッグがばれやすいのは、つむじの不自然さというのがポイントです。
自然でばれないフルウィッグ専門店

 

最近出ているフルウィッグは、自然なつむじの流れを意識して作られているので、本当にきれいに自然に見せてくれるのは驚きです。また、髪の毛の質も明らかに人工物というものではなく、よくよく見てもわからないほどやわらかなツヤがあるものもあるのです。

 

そして何より嬉しいのは、そんな品質の高い製品でも、比較的低価格のものがあるという点です。とにかく自然なウィッグがたくさんありますので、是非わくわくしながら選んでみてください。

 

生え際の自然さと色の自然さ、ネットの材質などこだわりの製品が紹介されていますが、つけ心地が良いというのも大事なポイントですよね。そうした製品はほとんどが1点1点ハンドメイドで作られたもので、職人の技が活きた製品になっています。

 

確かにじっくり見ても地毛と区別がつかないほどのクオリティには感心するしかありません。中には完全予約制で納品までに時間のかかるものもありますので、急ぐ場合には納期も確かめてくださいね。

 

ウィッグ関連サイト

更新履歴


このページの先頭へ戻る